[リストへもどる]
一括表示
タイトルうちも突然閉店措置をされました。
記事No213
投稿日: 2006/03/07(Tue) 16:21
投稿者閉店措置をされた退店社
「海外ブランド品を販売しない」という契約を交わしており、契約書も貰っていますと、楽天営業担当者からメール受信後、直後に当店は改装中になりました。

「海外ブランド品を販売しない」という契約書の控えが弊社にないので、楽天に探してもらったところ、書庫を探していますとすぐに書類は出ず、
一週間後に担当者から、『口頭にて確約しています。』とメールで回答を受けた。

弊社の出店期間は、約1年。この間に、「海外ブランド物を出店する前提の契約書」も2度書かされており、
今回の強制閉店は、あまりにも矛盾しているので、
その後何度も、担当者へ連絡したが、結局泣き寝入りであった。

契約解除内容を書面にて送るようにと、何度も要求したが、強制閉店後半年経った今でも、解除内容の書類は来ない。
会社間契約取引で、このようなことがあっていいのか?


楽天担当者は、「私も、御社がブランドもの出店してはいけないことを知らなかった訳ではないのです。ですが、法務部で許可が下りませんので。」との回答。
担当者は知っていた?

店舗の売り上げが、楽天営業担当者の給料に響くのか?
店舗の売り上げを上げるために、見て見ぬふりをしている担当者もおおいのでは?