[リストへもどる]
一括表示
タイトルまた出ていますね。一発退店者
記事No124
投稿日: 2005/11/25(Fri) 16:45
投稿者楽天ウォッチャー
本音スレッドにこんな書込が張ってありました。
RONからとの事ですが、このお店は楽天にとり居て欲しくない店
(楽天にお金をあまり落とさない店)だったんですかね。

-----------------------------------------------------------------------------------

ショックです。

多角経営の弊店が、新たなサイトへ出店しましたので
全てのお客様に開店記念セールとして10%offのメールを発送しました。

楽天からお買上の方のメールも混じっていたのです。

お客様の中には、多分ご迷惑な方もいらっしゃったようで楽天へ直接こうぎがあったとか
・・・。

2、3日してRMS担当者より「閉店させていただいています」との前置きで、
事情聴取がありました。

楽天のお客様にも楽天でお買上いただいても特典をお付けしたので、新規開店の
サイトへ誘導するつもりもありませんでしたし、神経質になっていらっしゃる
「個人情報の漏洩」にも当たらないと思います。
大型店舗の「協賛セール」と似た考えと思います。

楽天でのお客様も弊店のお客様と思っていましたが「楽天の客」なのですか。

最後までRMSに残っているお客様がいなくなった時点で消去されるのでしょうか。
注意も、戒告もなく強硬な処置に怒りさえおぼえます。

お返事が書き込まれた時点で拝見できないかもしれません。
みなさまも楽天の強硬な処置に会わないよう私の泣き言を参考にしてください。

タイトルRe: また出ていますね。一発退店者
記事No128
投稿日: 2005/11/28(Mon) 13:38
投稿者退店者
楽天のスタンスは

楽天お客=楽天のもの→お店には客を恵んでやってる

ですね。これはECCの発言からよくわかりました。お店にお客が来るのは楽天のおかげであって、お店があるからくるのではなく楽天があるからお店にお客が来る、なのです。だから他に他の支店に(例えばYAHOOとか)誘導とか出店してることすら告知してはいけないのです。
でもよく考えてみればお店があるから楽天が成り立っているのであってお店が減ればただの弱小モールに過ぎない。それも忘れてこういうことを平気でやるのはBtoBとしてもおかしいですね。よく成り立ってると思いますよ・・・。本当に殿様商売ですよね・・・。

タイトルRe^2: また出ていますね。一発退店者
記事No129
投稿日: 2005/11/28(Mon) 21:52
投稿者出店者   <sage@rakuten.co.jp>
会社でも社員がやめるときにトラブってやめるような社員が多い会社は
会社として大きくならないし、大きくなってもいつか破綻する。

それと同じことをショッピングモールにも言えないか。
いつかいまのような対応を後悔する日が来ると思う。

タイトルRe^3: また出ていますね。一発退店者
記事No133
投稿日: 2005/12/07(Wed) 11:24
投稿者出店者2
> いつかいまのような対応を後悔する日が来ると思う。

私も前からそう思っております。

今は楽天の売り上げに頼らざる得ない状況であり、
不甲斐ない気持ちでいっぱいであります。

先日、とある事で楽天に電話したのです。具体的な
内容は差し控えさせて頂きますが、こちらが損をする
事柄であり、猶予を求めたのですが、楽天の規約上、
どおりの対応であり、『申し訳ない』の一言もきけず、
力関係の差を感じざる終えませんでした。

まぁ、何時もの事なのですが。

普通の企業間取引であれば、考えられないような事です。

いずれ自社サイトの運営が軌道にのれば、退店しようと
考えております。

何時の日か、win-winの関係ではなく、アメリカ型資本主
義の典型的なビジネスモデルとなっていくと思います。

強きものは勝ち、弱きものは負ける。もうすでに、その
ような動きは楽天内の検索結果にも現れています。

レビュー数が多いものから順に表示=売れている商品から表示

結局の所、楽天は自分自身の事しか考えていないのです。
売れていない店には、電話一つよこさない。
売れている店には、検索結果や無料企画で、誘導する。
結果として楽天内でより多くの商品が売れるというしくみです。

日本型の和を重んじるビジネスモデルのかけらもみられません。

いずれ気づく事だとは思いますが・・・

ながながと失礼しました。

タイトルRe^4: また出ていますね。一発退店者
記事No134
投稿日: 2005/12/08(Thu) 03:44
投稿者加藤
> > いつかいまのような対応を後悔する日が来ると思う。
>
> 私も前からそう思っております。
>
↑私もまったく同意します
力ずくで言うことをきかせ、取れるだけの金をピンハネするやり方のどこが楽市楽座なんだかさっぱりわかりません。

タイトルRe: また出ていますね。一発退店者
記事No135
投稿日: 2005/12/10(Sat) 01:37
投稿者楽天の顧客
> 楽天でのお客様も弊店のお客様と思っていましたが「楽天の客」なのですか。

>そのつもりです。
個別店の顧客の意識はありませんのでアドレスが渡るのも本当は 嫌です。

タイトルRe^2: また出ていますね。一発退店者
記事No136
投稿日: 2005/12/11(Sun) 21:09
投稿者出店者   <sage@rakuten.co.jp>
でも楽天自身はその意識はないから(笑)

クレームになっても「おまえのところの客だから勝手に解決しろ」というのが
楽天の回答。一切手を出さない。

> >そのつもりです。
> 個別店の顧客の意識はありませんのでアドレスが渡るのも本当は 嫌です。

タイトルRe^2: また出ていますね。一発退店者
記事No137
投稿日: 2005/12/12(Mon) 15:10
投稿者出店者2
こんにちは。

> > 楽天でのお客様も弊店のお客様と思っていましたが「楽天の客」なのですか。
>
> > そのつもりです。
> 個別店の顧客の意識はありませんのでアドレスが渡るのも本当は 嫌です。

ちょっと寂しい意見ですね。少なくとも多くの出店者が
少しでも良いサービス・対応をして、
お客様に喜んでいただこうとしていると思います。

そこに存在しているサービスを無視されてしまうのは、寂しいですね。

でも、そのような方ばかりではないと信じております。

楽天からも、お客様からも私どものサービスの存在価値を低く
評価されるのであれば、違う道にすすむのが良い選択なのかも
しれませんね。

きっと、そのようなお客様の見方にも、楽天の営業戦略が関係
しているのかもしれませんね。大きな問題です。

タイトルRe^3: また出ていますね。一発退店者
記事No138
投稿日: 2005/12/14(Wed) 12:22
投稿者楽天の顧客
> きっと、そのようなお客様の見方にも、楽天の営業戦略が関係
> しているのかもしれませんね。大きな問題です。

加えさせていただきます。
楽天が好きでというわけではなく商品を検索して楽天に有ったから購入という経過が多いです。
その店の全体のHPも見ますがお店自体が気に入った場合にはそこで楽天の顧客ではなくなり、そのお店のファンになりますし、直接頼める場合には次からはそうします。
ただし、その商品以外に興味がない場合、そのお店からのダイレクトメールは迷惑なだけです。(出店者さんは楽天が窓口になるメリットを買っておられるのでしょう?)


今姉歯証人の喚問が行なわれておりますが、例えるならヒュザーに窓口責任を取ってもらいたい。個別の店の姉歯の責任はいわずもがなではありますが。
出店者さんと楽天の関係は客には関係がなく、楽天での買い物は楽天に責任を取って頂きたいと言うのが正直な気持ちですが、
ここを読んで買い物をする場合の心構えとして参考にしたいと思いました。

タイトル顧客と楽天の考え方
記事No140
投稿日: 2005/12/14(Wed) 18:43
投稿者出店者
基本的に楽天という位置づけが
デパートなのかショッピングモールなのかの感覚で位置づけが
違ってくると思います。
もしデパートで考えるとそのままクレームはデパートが受け手になりますショッピングモールの場合各個店の対応となります。
結局楽天の考え方は後者にあたり、集客は楽天、その他は各店の対処というのが実態ではないかと思います。
つまり楽天はここの責任はとらないということです。
ただテナントとして選択したという責任はあるでしょうけど・・・
それが退店勧告をうてるといったことと結びついているのでは??
中で埋もれないためにも独自の文化とか特徴、サービスをうっていければ、楽天でなくてもやってはいけるとは思いますが、
やはりネットで買い物をするといった行為にたけているというかなれた人が多いのは事実ですね。そのお客様をいかに個店の顧客になっていただけるように努力するかが問題かなと最近考えております

タイトルRe^4: また出ていますね。一発退店者
記事No141
投稿日: 2005/12/14(Wed) 20:08
投稿者出店者2
度々失礼致します。

> 楽天が好きでというわけではなく商品を検索して楽天に有ったから購入という経過が多いです。

そうですね、商品量豊富の楽天の検索はとても使い勝手が
良いと思います。私自信もそのような経験が多いです。


> その店の全体のHPも見ますがお店自体が気に入った場合にはそこで楽天の顧客ではなくなり、そのお店のファンになりますし、直接頼める場合には次からはそうします。

少し安心しました。


> ただし、その商品以外に興味がない場合、そのお店からのダイレクトメールは迷惑なだけです。(出店者さんは楽天が窓口になるメリットを買っておられるのでしょう?)

確かに楽天に出店する事による、集客力を買っております。
ダイレクトメールは、注文時にお客様がチェックしないと、
配送されないしくみになっております。但し、元々チェック
がしてあり、ちょっと分かりにくいですね。
これもメルマガをできるだけ購読させるという楽天の戦略だ
と思いますが、もう少し目立つように記述してあると良心的
ですね。


> 今姉歯証人の喚問が行なわれておりますが、例えるならヒュザーに窓口責任を取ってもらいたい。個別の店の姉歯の責任はいわずもがなではありますが。
> 出店者さんと楽天の関係は客には関係がなく、楽天での買い物は楽天に責任を取って頂きたいと言うのが正直な気持ちですが、
> ここを読んで買い物をする場合の心構えとして参考にしたいと思いました。

楽天の今の体制であれば、出店者もそのようなしくみを望んでいる
と思います。但し、今現在のしくみは、モールの運営システムを楽
天が貸しているだけというのが実情です。

万が一お客様に損失が発生しても、楽天のシステムの過失が認めら
れない限り、保障するシステムはないでしょう。

あくまで店舗負担なのです。在庫リスク、情報管理リスク、その他
店舗へクレームのリスク等。

私も一顧客から出店者へとなった時に驚いた事が沢山ありました。

楽天の顧客さんのように、楽天市場がクレジット情報、メールアドレス
を含め全ての危機管理を行っていると思っていたのです。

しかし、現実は違い、これでは、大きな情報漏洩や信用問題につな
がりかねないと思い、楽天に意見した事もありましたが、汲み取ら
れる事はなく、つい最近、顧客情報漏洩問題になり、クレジット情
報の出店者への非開示が実現した経緯があります。

私どものような小さな店舗が気づく事は、楽天市場という巨大モール
では機敏に対応できないようです。システム変更などの大きな作業
等あるのでしょうが、このような対応が現実にあります。

急成長するあまり、忘れてきてしまった事が多すぎる気がします。